--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.06/10(Sun)

感想:天元突破グレンラガン 第11話 『シモン、手をどけて』 

男は、少年にとっての全てであり、象徴だった。
少年は、男に憧れ、男になることを望み、願った。
しかし、男は死んだ。
少年の望みは、もはや、果たされることは無い――

少年が信ずるは、男にあらず。
少年が追いかけるは、男にあらず。

信じ、追うべきは
少年の胸に生きる、少年を信じる男の心
少年の胸に宿りし、自分を信じる少年の心

そして全てを貫くは、少年の魂込められし翡翠の螺旋――
スポンサーサイト

テーマ : 天元突破グレンラガン - ジャンル : アニメ・コミック

【編集】 |  18:37 |  天元突破グレンラガン  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。