--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.10/04(Wed)

感想:DEATH NOTE 第1話 「新生」 

作画担当の小畑健先生が銃刀法違反でしょっぴかれたり、リューク役の中村獅童が酒気帯びでしょっぴかれたりと、放映開始前から何かと騒がしかった本作でございますが、無事に放送されましたね。良かった良かった。
放映開始前に起きた事件のせいで放映が遅れたといえば、フルメタル・パニック(1期:GONZO制作)がありましたな。どうでもいいですが。



清き一票をお願いします!(笑)

ブログランキングに参加しています。

【More・・・】

・「アニメーション」について
 原作の小畑絵をまさに「再現」レベルの高品質な作画でかつ、アニメーションさせるという恐ろしい事をしています。これが第1話のみのフロックでないことを願うばかりです。というわけで、見た目的には何も問題無し。


・演出
 筋そのものは原作漫画版の流れと殆ど変えていないので今改めて何か言うほどでもないんですが、原作ではさらっと流されていた、「デスノートで初めて、明確な意志を持って人を殺してから、リュークが現れるまで」の状況の演出が良かった。
まるでオーケストラの指揮者の如く、『裁き』のペンを振るライト
楽器の音色の代わりの悲鳴を上げ、斃れていく人、人、人。
デスノートの恐ろしさ、そして躊躇いなく手を下すライトの狂気を、必要充分に描ききっていたと思います。


・補完
 デスノートを拾う場面、シブタクと不細工な仲間達の蛮行、先ほど挙げた裁きのシーンなど、地味に間を補完する演出があり、そのどれもが違和感なく収まっていたと思います。やはり「間」については漫画版からほぼ9割9分完成されている感があるので、アニメでは下手に手は加えずに、より直訳的なアニメ化をこれからも続けていってほしいですね。


・粧裕(晴香)と海砂(綾)のコーナー
 綾ちゃん、やっぱ画面映えするなぁ。映画に出ても良かったんちゃう? というわけでコスプレ情報コーナーもまた始まった訳ですが、二人とも、中身もコスも両方ともレベルが高い! アニメ本編と一緒に、このコーナーも楽しみになってしまいました。今回は出なかった晴香ちゃんの粧裕も次週登場!
スポンサーサイト

テーマ : DEATH NOTE - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 夜神 ライト リューク デスノート 小畑健

【編集】 |  22:22 |  DEATH NOTE(TVA)  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。