--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.10/05(Thu)

感想:武装錬金 第1話 「新しい命」 

今期ではある意味一番期待してる作品。原作の方が既に完結してる作品だけに、ストーリーの各節毎の見せ場や名台詞は勿論のこと、ピリオド・ファイナル・アフターのラスト3部作を綺麗に演出してくれたら言うこと無しです。まぁ贅沢な願いかも知れませんが。



-------------------------------------
清き一票をお願いします!

ブログランキングに参加しています。

【More・・・】

・展開
 大筋はデスノート同様、変わらないのかと思ったら、武装錬金は早速展開を変えてきました。カズキのサンライトハート(未命名)の初発動タイミングが、まひろ救出ではなく猿渡撃滅に変わっていました。
武装錬金の発動に必要なものは心の力、戦う意志、ということですが、巳田戦でのカズキは、まひろを救うために興奮・逆上・報復といった、突発的な感情の色の方が濃かった事で、発動は見送られたのかも知れません。
 明確な戦う意志とは、今後も錬金術の世界に関わり続ける事を決める事。単に巻き込まれたに過ぎないカズキは、斗貴子さんの言うように、このまま手を引くことも出来たはず。それでも引かず、寧ろ自分から飛び込もうとするカズキの戦う意志、戦う理由とは、目の前にいる、自分と関わった、自分を助けてくれた人を、知らんぷりして放っておくことなどできないから。そんなカズキの意志の根拠といったものは今後の展開で出てくるでしょうから割愛するとして、一時の感情ではなく、明確な自分の意志で戦う事を決めた瞬間、それが猿渡撃滅のタイミングだった、という事なのでしょう。あらすじ的・絵的にやや映えない展開ですが、キャラの心理と小道具の設定を厳密に摺り合わせてる感じがして、筆者的にはOKですね。



・ブラコン/シスコン度アップ
 先のドラマCDにしても、アニメ冒頭の昼休みの会話にしても、カズキとまひろのストロベリー兄妹っぷりが原作よりも強化されてる感じで非常に微笑ましい。
また、まひろの天然ボケ&ツッコミのリバーシブルっぷりも健在。
しかも平野綾ちゃんのあの声で「お兄ちゃん」と言ってくれるのだからもうたまりませんね。



・月光の戦乙女
 後の展開で彼女に命名される槍の名と対比するかのように、月光を背に浴びて佇むバルスカ斗貴子さんの絵面がとても印象的でした。こうした、絵画的に意味を持つシーンも、何気に楽しみですね。



・決め台詞
 孫悟空は「絶対見てくれよな!」
 戦部ワタルは「面白カッコイイぜ!」
 そして
 津村斗貴子は「臓物(ハラワタ)をブチ撒けろ!


 次回は早速蝶野が出てくるようで。真殿氏のキモカッコ恐ろしい演技に期待大です(笑)
スポンサーサイト

タグ : 武藤カズキ 津村斗貴子 武装錬金 核鉄 ホムンクルス 福山潤 柚木涼香 柚姉さん 臓物をブチ撒けろ

【編集】 |  20:41 |  武装錬金  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。