--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.10/07(Sat)

感想:コードギアス 反逆のルルーシュ Stage.1 「魔神が生まれた日」 

強大な武力による一方的支配を受けた者達が、己の矜持、己の尊厳、己の存在意義をかけ、各々の思想・手段でその支配の力に反逆する。
コードギアス。鎖の契約。この世を憂い、ブリタニアに絶望し、己の全てを嘘で塗り固めた少年、ルルーシュランペルージが謎の声と結んだその契約の意味とは?


-------------------------------------
清き一票をお願いします!

ブログランキングに参加しています。




【More・・・】

素晴らしい出来の第1話です。演出脚本のテンポの良さが素晴らしい。福山氏のノーブルな演技がまた素敵すぎる。また、本作品の中心的メカたる「ナイトメアフレーム」のバリエーションやその操縦インターフェースもまたかなり良さげ。トラックボールのようなあの親指部分のボタン(?)、触ってみたいね。そういえばガサラキにも似たような感じのがあった記憶が。


ナイトメアフレーム・バリエーション
・グラスゴー
 カレンが操縦していた一般兵用?ナイトメアフレーム。1話で出てきたNFでは一番旧式っぽい。
・サザーランド
 ジェレミアが乗っていた紫色のナイトメアフレーム
・ランスロット
 現在搭乗者不在の最新式?ナイトメアフレーム。色合いからして完璧な主人公機。


◆感想
 皇暦2010年8月10日、日本。
 そこには幼いスザクルルーシュ、やや遠目に彼らを見つめる、7年後に出会うことになる彼女と変わらない容姿のC.C.がいた。

 日本が日本の国号と氏名を失う事になったきっかけの日、運命の3人はそこにいた……というわけで、何かしら似たような状況が「反逆」の終了の時とかにあるのかも知れません……。
どうやってスザクがあの後生き延びたのか解りませんけど。

・ストーリー考察
 支配者・被支配者が明確に色分けされたこの世界と、そこに疑問を持たずに住む人々の持つある種の歪みを問題の焦点として、ルルーシュスザク、そして彼らなりの手法に賛同し集う事になるであろう人々が始める「反逆」が物語を動かす、て所でしょうか。

ルルーシュにチェスでこてんぱんにされる貴族、ルルーシュの憎々しい視線を向けられ、扇動とお涙頂戴の演技を当然と言い放ち、更には疑わしきは全て罰せよとばかりに罪もない人々を皆殺しにするクロヴィス、差別的で選民思想バリバリのジェレミア、己の欲望のために偽証欺瞞を躊躇わない隊長など、第一話に出てくるブリタニア及びその眷属たる貴族や将校達は絵に描いたような悪の存在でしたね。まあ、最初はこういう単純な構図から入っていった方が解りやすいでしょうし、それらを潰すルルーシュ、それらの中にいる例外を取り込むのがスザクの役割ってやつでしょうし、その中でルルーシュスザクが対立する布石である、とも考えられるでしょう。


・雑感
「どうした、撃たないのか? 相手は学生だぞ?」
「それとも気付いたか? 撃って良いのは、撃たれる覚悟のある奴だけだと……」
「ルルーシュ・ビ・ブリタニアが命じる! 貴様達は、死ね!」

 歪みや狂い、憎しみなど種々の「負」を込めた台詞が、福山氏の素晴らしい演技のお陰で非常に印象的な物になっていますね。福山氏の演技を初めて聴いたのはToHeart2の貴明で、その時はそこまでレベルが高いとは思ってなかったんですけど、最近は出演作品も増え、日増しに演技力も上がってるようで。凄い人です。



◆登場人物感想
・ルルーシュ・ランペルージ
 賢く、機転が利き、恐らく腕っ節も強い? 目的のためには外道以外に取り得る手段を、状況に応じて使い分ける現実主義者。といった感じでしょうか。ブリタニアを憎むブリタニア人、ということでタイトル通り、「反逆」の体現者となるのでしょう。本名は、ルルーシュ・ビ・ブリタニア。良く考えなくてもブリタニアの血統に連なる存在って事ですよね。それがなぜ普通の学生をやってるのでしょうか。C.C.との契約により人の理の外にある力を手にしてしまった。

枢木スザク
 その名の通り、日本人。名誉ブリタニア人として白兵戦兵卒の立場。1話ではルルーシュと運命的な再開を果たすものの、後ろから撃たれて意識不明&行方不明。大丈夫か主人公その2。

C.C.
 読み方はシーツー。本編にはどちらも出てこなかったけどね。このスタッフが作るアニメには必ず一人以上は出てくる謎の大いなる力や因縁をその身に受けた女性。
「見ツケタ……私ノ――!」という台詞や、精神世界ラグナレクに接続されたルルーシュに「契約」を迫る声等々、普通の性格ではない模様。
頭を打たれた時に額に浮かんだ紋様、
ルルーシュが力を発動する時に眼球に浮かぶ紋様、
弥生人やネイティブアメリカンのような古代風の衣装を衣装をまとう人々にも刻まれていたその紋様には、いったいどのような意味が、力が、因縁があるのだろうか。
ルルーシュに契約を結ばせる事で、叶えさせる願いとは何なのでしょう。



次回も非常に楽しみです。


スポンサーサイト

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ルルーシュ ランペルージ ブリタニア C.C. シーツー 枢木 スザク クロヴィス ナイトメアフレーム

【編集】 |  23:50 |  コードギアス  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。