--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.10/10(Tue)

アニメは楽しむもの 

ですよ?

【More・・・】

というのも、「コードギアス」に偏ったイデオロギーの臭いを感じるとか、プロデューサーが極端に左寄りだとか言って作品そのものを否定する向きがあるようなので、日本人として、何よりアニメファンとして少しばかり苦言を。

谷口監督を始め、現場のクリエイターの方達もおっしゃっていますが、この「コードギアス」という作品のスタッフ達には、特定のイデオロギーの礼賛・推奨・主張の意図はありません。そもそも、そんな主張をしたければ、ナイトメアフレームなど出ないもっと現代的な世界を舞台にするでしょうし、わざわざ国の名前や政治形態を変えてくることもないでしょうし、ロボット兵器が暴れ回る時代なのに時代錯誤も甚だしい貴族階級など出してこないでしょう。それに何より、アニメは創作です。フィクションです。そんなフィクションの一描写をあげつらって政治的にどうこう騒ぐのは、隣の半島国家の人間がサッカーや野球のワールドカップで「どこそこは我が国の領土」なんて横断幕掲げて騒いでいるのと大して変わり有りません。

思想・信仰の自由を持つ日本人として、TPOを弁えない連中に追従するような真似は慎みましょう。コードギアスは面白い(面白くなる要素を持った)「アニメ作品」なのです。それを忘れてはいけません。
スポンサーサイト
【編集】 |  23:22 |  日記  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。