--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.10/22(Sun)

感想:乙女はお姉さまに恋してる 第3話 「おとめが乙女を選ぶ時」 

 眉目秀麗・才色兼備の気品高き御令嬢揃いの聖應の中にあって、更に最高の「お姉さま」と称えられる存在、エルダーシスター。「男」の自分が推挙されるという事態に戸惑う瑞穂を余所に、進められていくまりやのキャンペーン。更には瑞穂の存在を良く思わない生徒会長の厳島貴子にまではっきりと宣戦布告されて……




-------------------------------------
清き一票をお願いします!

ブログランキングに参加しています。



【More・・・】

 開票までのエピソードがかなりあっさり気味でした。原作やったのかなり前なんで記憶が薄れてはいるんですが、確か奏に関するイベントが入ってたような気がします……が、やっぱりかなり忘れてるんで、今からちょいとフルボイスDVD版をやってきます……。


<Now Playing, Please wait...>


 学校名がCD版から今の聖應にこの時から変更されてたのか……。初期版ではたしか「恵泉」だったはず。そして奏のイベントに関しては管理人の記憶違いだったようです。この3話も、ほぼ原作通りに展開していたようですね。



 そして今回から本格的に登場の厳島貴子さんですが、瑞穂くんへの態度も、生徒会役員たちへの態度もひっくるめて、正直で素直で、実に微笑ましいですね。特に沸騰寸前の貴子を諫めようとする君枝さんたちを追い出す時の取り乱しようはもはや可愛いとさえ(笑)
 異議を唱えるにしても、瑞穂へのやっかみ以上に、自分のいる「聖應」という領域を大事にしたい、伝統を大事にしたいという純粋な使命感から来ているものですからこの必死さもまた貴子さんの魅力を高めていると思います。諫められ、それに納得して矛を収められる潔い人ですし。



・声優さん達
 そしてその貴子さん、今の声優さんは「君望」「マブラヴオルタ」の速瀬水月をやっている方なのですが、特にオルタの彼女の印象が強すぎて、貴子さんというよりお嬢さま演技をしている水月に聴こえてニントモカントモ。
 壇上で短いながらも演説こいた紫苑さん。松来さんのあの鼻にかかった(と言うのでしょうか?)声で必死に訴えかける演技に弱い自分としては、思わず拍手をする生徒達の気分がよく解ってしまいます。改めて原作をプレイして、この壇上での一幕に、ゲームメイン声優と一般アニメ声優の地力の差を見た気がします。


スポンサーサイト

テーマ : 乙女はお姉さまに恋してる - ジャンル : アニメ・コミック

【編集】 |  12:14 |  おとボク  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。