--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.11/04(Sat)

感想:コードギアス 反逆のルルーシュ Stage.5 「皇女と魔女」 

立脚点は同じ。目的への動機付けも同じ。だが交わらぬ二人の少年の手。分かたれた運命は急激にその流れを速め、戸惑う少年達の想いを余所に、世界は、人の心は、人を超えし者の思惑は動き出す。



コードギアス 公式




【More・・・】

・計算のルルーシュと愚直のスザク
 チェックポイントを定め、それまでの綿密な計算を自分のために立てるルルーシュに対し、自分のことを棚に上げ、とかく無益な争いを止めようとするスザク、ということで前回ぶつけ合った言葉の、具体的な状況描写の話でしたね。
スザクがメインを張るとヘタレる法則でもあるのか、ルルーシュにとっては直接的・間接的な不安要素がじわりじわりと。母親殺害の首謀者の一人と目される第二皇女コーネリアは、思っていたよりかなり手強そうですし、ギアスの力を使われて生き残った者の共通点にヴィレッタが気付いてしまいました。そして何より、ルルーシュの人間関係をかき回すC.C.がいらぬトラブルを巻き起こしそうで。ルルーシュにとって胃の痛くなる展開が続きそうです。しかも次回予告が「奪われた仮面」ですしねぇ……



・白と黒の境界
 公式ブログで谷口監督もおっしゃっていますが、白の王子スザクと黒の王ルルーシュ、ということでその方法論などから二元論的な対立関係として見られている二人ですが、ブリタニアについて、日本について、戦争について等々を語らせれば、二人は憎らしいほど似ています。が、正しいにせよ間違っているにせよ答えを、目標を定めてそのチェックポイントへ向けて脇目も振らず走り出すルルーシュに対し、止まらずに走り続けられる方角を、スタート地点から探そうとするスザク、ということで二人のやり方は別れてしまっています。
立ち止まらずに目標へと進むルルーシュが全て良いとは言わないし、立ち止まり、迷うことの多いスザクが悪いとも言いません。ルルーシュは己の盤上をひっくり返されると弱いし、スザクはその愚直さが時に、ユーフェミアのような人を惹き付けます(また、OP映像と今回を見る限りにおいて、ジェレミアとヴィレッタもスザクの仲間になりそうですし)。
 二人が真の意味で対称な存在ではないとお互いに気付けた時点で、物語のクライマックスというところでしょうかね。



・戦闘
 今回はシンジュクゲットー内のコロッセオという舞台設定を活かすように、重火器より近接格闘兵装が目立っていましたね。
 キューエル卿らジェレミア粛清小隊の騎士槍、スタンロッド(?)など。そしてランスロットの長剣二刀流に使われた剣は、キューエルの言によると、NVSという名称の帝国軍未制式兵装。ノーマルな見た目かと思えば、中央が光って刃が一回り圧縮され、刀身は赤色に。プログレッシブナイフならぬプログレソードみたいなものでしょうか。とりあえずスザクの腕じゃ新装備があろうとなかろうとその他大勢相手では結局圧勝なので、前回出撃時以上のインパクトは得られず。コーネリアのナイトメアと戦ったりしてほしいね。
 それとキューエルの使用したケイオス爆雷、炸薬型爆弾ではなく物理的な無数の刃を一方向に乱射する、某グレネード(名前失念)の超凶悪版みたいなものでしょうか。
それにしても、ランスロットの無敵防御が無ければ、ユーフェミアは肉片も残らぬ程に木っ端微塵になっていたでしょう。そしてキューエルは申し開きも出来ぬまま処刑の上に領地没収・一族郎党皆殺しで家名断絶、という所でしょうね。これはスザクに恩義を感じなければ嘘でしょう。実際どうなるかは知りませんが。


// 追記 11月5日 18:28
ランスロットの剣は、NVSではなく、MVS(Maser Vibration Sword)でした。直訳すると、M波増幅振動剣。微細振動で強固な防御もまっぷたつ、というのは変わりませんね。

// ここまで



・複雑化する「正義」
 最初からしばらくの間は天然キャラで居続けるのかと前回予告時点で思ったユーフェミアですが、割とすんなり本性を見せてくれました。まぁ「彼女」と違い超然キャラではなく求道者的キャラですしね。さてそのユーフェミア。スザクの父の死と、自分の兄クロヴィスの死を、「戦争により奪われた大切な肉親の命」という観点から等価値に置きました。視聴者的にクロヴィスは、それこそ路傍の石ころ並の価値しかない存在でしたが、立場の違いで、その石ころは宝石並の価値になる。ユーフェミアの登場により、「立場の違い」による対立の構図がやや複雑化してきました。
ルルーシュ(ゼロ)の正義、スザクの正義、ユーフェミアの正義、コーネリアの正義、藤堂の正義。様々な思惑、様々なやり方による、各々の「正義」のぶつかり合いに期待が高まります。



・かき回す者
 シーツー、出てきたかと思えば無職居候キャラに。ピザばっか食ってると太るぞ……て真っ当なヒト的存在じゃないっぽいからいいのか。(いいのか?)
あんまりデスノートを引き合いに出したくはないのですが、今回のルルーシュとシーツーの状況を見ていると、リュークとミサが合体したようなキャラですね、シーツー。







-------------------------------------
清き一票をお願いします!

ブログランキングに参加しています。



スポンサーサイト

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : MVS ケイオス爆雷 ユーフェミア コーネリア

【編集】 |  05:35 |  コードギアス  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。