--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.11/05(Sun)

俺は葉っぱに一生付いていくぜ! 

『ToHeart2 Another Days』の詳細記事のために買ったゲーマガ12月号ですが、付録冊子にはTH2AD以外にも、既発表のLeaf新作タイトル『君が呼ぶ、メギドの丘で』、アクアプラス新作(移植)『ルーツ PE(Perfect?/Playstation series? Edition)』の記事もあり、葉っ派になってから定期的に発症するLeaf大好き症候群を思い切り刺激してくれます。


↓Amazonリンク
ルーツ PE(初回限定版) / PlayStation2







【More・・・】

ToHeart2 Another Days
 ToHeart2 XRATEDのアフター要素の色が濃いファンディスクというより後日談的続編。システムは原作のノベル形式からテンポ重視のためにメッセージ窓を使用したオーソドックスなADV形式。時間軸設定は、TH2本編のその後というわけで2学期。選択肢によって本編での各ルート通過後に分岐する仕様(多分)。攻略対象は、まーりゃん先輩・小牧郁乃・吉岡チエ・山田ミチル・河野はるみ・シルファ・菜々子といった、超個性的ながら本編ではサブキャラだった(そもそも登場してないのもいるが)キャラクターが昇格。これまで同人誌等で解消するしかなかった需要を、オフィシャルが供給してくれるということで否が応にも期待が高まります。

ルーツ PE
 原作は、現在のLeafのフルボイス志向が固まる前の最後の作品です。今でこそLeafのゲームは男(時には主人公にも)まで声付きなんてのも当たり前ですが、Routes(PC版)には声はありませんでした。発売当時の2003年は、既にボイス付きは当たり前であり、原作発売前後(2003年2月28日)の大手メーカー作品や大作ソフトと呼ばれるもので、声がついていなかったのはこれと、後はスタジオメビウスのSNOW(同1月31日)ぐらいでした。マブラヴExtra/UnlimitedがRoutesと同年同日に発売だったことを考えると、なかなかに前時代的な仕様でしたね。
 発売後に寄せられた評判の中で、声付きならもっと良かったという意見が(社長の)予想外に多く、その後の新規タイトル(天使のいない12月、雫リニューアル、Tears to Tiara、鎖、ToHeart2(&XRATED)、フルアニ)にはヒロインには例外なく、男性キャラの殆どにも声が付くようになっています。しかも、男性・女性共にハズレが無いという素晴らしいセレクション。

Leaf復興の旗頭は『うたわれるもの』ですが、色々な意味で現在のLeafの方向性を決定付けるきっかけとなったのはこの『Routes』である、と言って良いでしょう。

そんな『Routes』ですが、ヒロイン湯浅皐月の妹・湯浅文月を加えてPS2/PSPでリメイク(勿論フルボイス)です。発表されたばかりの時は、PSPにのみ移植とばかり考えていたので、PS2にもと聞いて驚かされました。更に、USBで繋いでPSPとPS2でセーブデータを共用できるというレア仕様。PS2初回限定版にはPSP版も付いてくるというわけで、迷わず予約ですよ(笑)

声優さんは公式でも見られますが、以下の通り
那須宗一:間島淳司
湯浅皐月:釘宮理恵
伏見ゆかり:おみむらまゆこ
立田七海:又吉愛
リサ・ヴィクセン:伊藤静
梶原夕菜:佐藤利奈



声優さん・超個人的イメージ

・間島淳司
 管理人はよく知りませんが、ヘタレ・当て馬ばかりであまり日の目を見ないキャラが多いと聞きます。唯一聞いたことのあるCanvas2でも、存在意義不明のアニメオリキャラ・橋爪某役でしたし。


・釘宮理恵
 はいはいツンデレツンデレ(笑)


・おみむらまゆこ
 つよきすCool×Sweetのよっぴー。時折天然毒舌の入るキャラなので中々キャラに合ってるんじゃないでしょうか。


・又吉愛
 ARIAのドラマCDぐらいでしか聞いたこと無いけど、可愛い声なので意識してロリキャラやれば普通に似合うと思います。


・伊藤静
 はいはいタマ姉タマ姉(笑)


・佐藤利奈
 草壁さ~ん(笑)


後は文月の声優さんの発表を待つだけですね。誰になるか楽しみです。



君が呼ぶ、メギドの丘で
 キャラもマップも3Dといえば、Leaf/アクアプラスとしてはテネレッツァ以来かなり久しぶりですね。とりあえずPen4でRadeon9600XTな自分の環境でまだスムーズ画質でプレイできるか心配です。

原画はアリスソフト『夜が来る!』等で有名(らしい)Karen氏をメインに据え、Leafの4大ゲンガーが他のレギュラーをデザインするという何ともカオスな布陣。とりあえずパッと見の印象で一番惹かれたのはカワタ氏デザインのバディですね。設定的にも、『存在するはずのない4人目の悪魔』とか、中々カッコ良さげですし。目立たない露出度の高さとか、黒くて悪魔なのにリボン付けてるとか。性格はともかくファッションセンスがツンデレ(笑)
甘露氏のキャラは、FF11にでも出てきそうな感じですね(笑)



2007年はLeafの年。間違いない(笑)


スポンサーサイト
【編集】 |  17:07 |  エロゲー  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。