--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.11/06(Mon)

感想:乙女はお姉さまに恋してる 第5話 「真夜中の教会(チャペル)」 

 無念が募り幽霊にまでなってしまう程に慕われた一子の「お姉さま」とは?
 「過去」を求める瑞穂の好奇心が、今、真実の扉を開く――




スタチャ「おとボク」公式ページ




【More・・・】

 原作では一子のお姉さまが幸穂であり瑞穂の母だったことが判明する際は、何のイベントもなく会話の中でさらりと判明させられた訳ですが、アニメ版では瑞穂が自ら事実を発見し、その事実に従って、一子の本懐を遂げさせたいと行動するという、動機と行動に一定のベクトルが存在していた点が原作と比較して改良された部分だと思いますね。


 作画面・動画面共に相変わらず疲れ知らずで、逆にハイレベルを維持し続けている点は素晴らしい。今回は作画監督が4人居ましたが画風の摺り合わせも完璧。最後のディフォルメ一子はヨダ絵ではなく作画担当の個性が出てしまっていましたが、ここまで良い仕事をされるともはや愛嬌レベルでしょう。
 学園物語という、殆ど激しい動きの絡まない作品という事で一概に比較はできないのですが、今期の良作画アニメとしてはコードギアスに勝るとも劣らないと思います。




-------------------------------------
清き一票をお願いします!

ブログランキングに参加しています。



// 追記
・公式ページのURLを訂正しました。
ご指摘ありがとうございます(^^;)

//
スポンサーサイト

テーマ : 乙女はお姉さまに恋してる - ジャンル : アニメ・コミック

【編集】 |  01:33 |  おとボク  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。