--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.11/07(Tue)

感想:銀色のオリンシス -TOKITO- 第5話 「緑色の迷宮」 

 少年達のあずかり知らぬ場所で蠢く思惑。
 少年の分け身の如き顔を持つ男の正体は?


銀色のオリンシス -TOKITO- 公式




【More・・・】

 展開にこれといった華がなかったものの、謎の消化が幾つかなされ、またミスズが可愛らしくて今回も中々面白かったですね。アバンタイトルでは笑わせてもらいました。


・トキトとミスズは幼なじみ
 トキトは拾われっこで、ミスズの父親に育てられたのだそうです。そんな姉弟的幼なじみな関係だったということが判って、ミスズのツンデレな理由も判明。が、それがどういう経緯で今の少年少女ハンターチームに入ることになったのかはまだ不明ですがね。


・その他大勢返上
 前々回はジン、前回はブラちゃん、今回はヨウスケと、初回ではその他大勢扱いしていた男性陣が連チャンで個性を発揮してくれました。群像劇……というには規模は小さいですが、出てくるキャラクターがちゃんと動いて喋ってくれないことには話が動きませんものね。てか、先ほど1話見返したら、ヨウスケがチームリーダーとか言ってました。ゴメン、一番存在感薄いと思ってた!



・修羅場るのは本作の本分にあらず?
 テアとミスズの恋の鞘当てよりは、疑似姉妹関係の構築で落ち着きました。大抵のアニメで「お兄ちゃん」と言ってることが多い名塚さんですが、「姉様」というのは珍しいかも。



・着々と動く黒幕
 そもそも何をもって黒幕とするのかは不明ですが、主人公達が楽しくわいわいやってる裏で不穏な動きを見せるのが黒幕の黒幕たる証。執政官@鈴村健一と、その配下ながら素直に命令を遵守している風ではないボルフ@松野太紀が本格的に活動開始。前回の話で、セレナがブラちゃんに言った「ボルフ、生きてるわよ」の台詞のボルフ。この時代の人間ということは、ブラちゃんのタイムスリッパー説崩壊? なんだそりゃ。
 鈴村な執政官ですが、尊大な台詞を吐いてもちっとも偉そうに聴こえないどころか笑ってしまいそうになるのは何故だ(笑)



・三体目のオリンシスマシン
 銀のオリンシス・ズィルバー(Silber)
 黒のオリンシス・シュバルツ(Schwarze)
 金のオリンシス・ゴルト(Gold)

 ゴルトという名前かどうかは知りませんが、既出のオリンシスの機体名は、機体色のドイツ語読みなので、次に出てくるオリンシスマシンの名前も類推は出来ます。ボルフが乗るのか、執政官自ら来るのか。まぁ、後者は可能性薄いと思いますけど。




-------------------------------------
清き一票をお願いします!

ブログランキングに参加しています。




スポンサーサイト

テーマ : 銀色のオリンシス - ジャンル : アニメ・コミック

【編集】 |  20:48 |  銀色のオリンシス-TOKITO-  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。