--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.08/15(Tue)

感想:小説版つよきす~Mighty Heart~ すなおにハイテンション! 

PS2版は未プレイな管理人ですが、コンプエースの漫画版、アニメ版と見て(特にアニメ版)、素奈緒にいたく興味が沸いたので、丁度良いタイミングで発売されたこの本を買ってみました。
 因みにアニメは途中乗車組ですが、それほど問題ないだろうということで視聴継続。7話まで視聴終了してます。レオと素奈緒の仲直りのきっかけもできたところなので、こちらも丁度良いタイミングでしたね。


つよきす Migty Heart すなおにハイテンション! / 爲我井 徹、きゃんでぃそふと 他



【More・・・】

◆で、読後
 素奈緒可愛いよ素奈緒(笑)
流石にゲーム版と比べるといくらかイベントは端折られてるのでしょうけど、それを物ともしないほど萌えますね。
 素奈緒は、ツンデレというよりデレツンデレ?
ツンモードの時でも、過去のデレモードだった時の事を思い出してレオに投影しようとしていたわけで。いわばずっとデレ。しかもレオの現在キャラ形成に影響を与えたって点で他のキャラの出る幕無し。まさに管理人の萌えツボを悉く押してくれるキャラでとても満足でした。
なんていうか、ラブコメクンのあだ名の通り、実に典型的な甘酸っぱい青春ラブコメを展開してくれるのが逆に清々しいと言いますか。
烏賊島・開国祭両方のラブコメイベントは本書のクライマックスイベント。他にも細かいイベントがいくつかあるんですが、やはりこの2つには敵わないかな。

・レオ
 移転前ブログで書いた感想で、レオのキャラクターが良いと書いたわけですが、この作品でもレオは実に良いキャラしてくれていました。凡百のギャルゲ主人公とレオの違いというのは、自分の気持ちをしっかり自覚している点なんですよね。いわゆる、ちゃんと考えて行動できるキャラ。誰かに言われて、流されてなあなあな答えを出すキャラじゃないということです。ただ、自覚した上でその後に取る行動が、相手の気持ちと食い違ってしまって変な事になるのですが。
 素奈緒の場合、素奈緒の事がスキで、大切にしたい。けど、自分の彼女と思われて怪我をさせた。だから、彼女じゃない事を知らせて素奈緒にとばっちりがいかないようにしよう、というのが中坊レオの決断。でも、ここは男らしく、ずっと一緒にいて素奈緒を守らなければ、と思わなければならなかったんですね。その事にようやく気付いたのが本書の途中からのレオだったと。こう考えると、レオは典型的日本人気質だと思います。遠慮しまくってないで、もっと自分の気持ちに積極的になれ、と。
 実際、積極的になってからのレオも素奈緒も、二人ともホント可愛くて楽しかった。

・素奈緒
 中坊時代にレオに助けられた後の「かっこよかった」がクリティカルヒット。他にも、重要な場面で「はい」とか素奈緒素直になる所がこれまた激しく萌え。うーむ。小説で満足するつもりだったのに、ゲーム版超やりてえ(笑)

◆ついでにちょっとアニメ版について
 これを読んだ後でも、別段、アニメ版が変だとかつまらないとかは思わないですね。読む前でも思ってませんでしたが。原作原理主義者の人達には理解不能かも知れませんけど。アニメ版を見ていると、原作とは違う勢い・ノリで、純粋に「作品」を形作ろうとしている印象を受けます。別に新鮮なものではないんですけど、度々入るアイキャッチなんかも、お色気・シリアス・ギャグ何でもありで、次はどんなのが来るだろうと楽しみに待っている自分がいます。また原作より表情豊かになった分、大量に使えるようになった崩し顔など、楽しんで見られる要素が増えているのがいいですね。そして原作で良かった点をアニメでもアニメ版なりに使っているのがまた良し。対馬ファミリー、乙女さん、館長、土永さんのキャラが良い例ですね。
 声が違う、絵が違う、キャラが違う、と批判するだけならいくらでも出来ますけど、やはりこのアニメを見た後は、そんな批判をする気が失せちゃうんですよね。見てて、「何か楽しい」と感じさせるアニメ。それが「つよきす Cool×Sweet」だと管理人は思います。
スポンサーサイト

タグ : 近衛素奈緒

【編集】 |  02:12 |  漫画  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。