--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.06/17(Sun)

感想:天元突破グレンラガン 第12話 『ヨーコさん、お願いがあります』 

 獣人たちの本拠地・首都テッペリンを目指して進む、シモンたち大グレン団。
しかし彼らの前に横たわる巨大な水溜り……否、「海」
 地上専用のダイグレンは、このままでは進めない。というわけで、リーロンによる進水装備の準備が整うまで、しばし戦士の休息の時――



 海
 それはヴァケーションのお約束


 海
 それは開放感の代名詞


 海
 それは爽やかなお色気


 海
 それは――





【More・・・】


・苦悩する女、楽観する少女
 カミナという番いを失い、片やシモンはニアと絆を結んだことで、開始当初からのメインキャラであるはずのヨーコもこのところの空気化が著しい。それを裏付けるかのように、男どもはカリスマの塊・ニアを崇め称え褒めそやし、色気で勝るはずのヨーコは「普段の格好と変わり映えしない」と逆に孤立無援状態。ニアの親切も気遣いも、いらない子扱いされたばかりのささくれ立った心には逆に刃だ。生来の素直でない性格が言わせてしまう言葉の奔流。
でも、ニアだけは分かっているのだ。ヨーコの力を。無論、ヨーコだけではない、大グレン団全員の力を。大グレン団の力と心が一つになるとき、彼らはどんな敵にだって負けはしないのだと。根拠はない。でも、それを信じるに足るだけの「何か」は、ニアを心から安心させる。だからこそ、戦場で、絶体絶命のピンチでも、慌てず、臆せず、静かな心で、待つことができるのだ。
 仲間を想う真摯な心が、仲間を救う。心を力に変えるのは、何もラガンだけの専売特許ではないのだ。




・散髪
 ヨーコの狙撃で危機は脱せたものの、その見返りに淡い蛍色の髪は無残にもボロボロに。そして今回のタイトルコール

「ヨーコさん、お願いがあります」

の出番。

 長い髪のがお姫様っぽくて好きでしたが、短いのもこれはこれでいい感じ。というか、これで更に伝統のガイナヒロインに接近した感じですね。因みに短くなった髪型を見て最初に思い浮かべたのはナディアでした。髪質はむしろ正反対ぽいのに何故。




「空へ向かうあの人は 何を掴めば笑うのでしょう――?
 私は、ご飯を作って待ってます!」


 空へ向かう=天を衝く=シモン ということでしょうか。というか、ニアがこういう言い方する相手って限られまくってるし。予告にあった普通の飯のシーンの後、ニアがシモンのために何かしたいと、料理を作って――てな感じですか。


 カミナの死から立ち直り、大グレン団のリーダーとなったシモン。カミナの言葉
『お前のドリルで天を衝け』――届かないと思い込んでいた遠い所にだって、信じれば、念じれば、踏ん張れば、きっと届き、そして貫ける。そして突き抜けたら勝ち、突き抜けた先に何かがあるならまた貫き続けるのみ。飽くなき希望、果てぬ夢。カミナの掴もうとした夢の残滓に、シモンは囚われているのか。それとも……?






天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) 天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)
中島かずき、錦織敦史 他 (2007/07/25)
アニプレックス

この商品の詳細を見る





空色デイズ(グレンラガン盤) 空色デイズ(グレンラガン盤)
中川翔子 (2007/06/27)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 天元突破グレンラガン - ジャンル : アニメ・コミック

【編集】 |  11:20 |  天元突破グレンラガン  | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。